[速報]
11月3日(日)輝け憲法!いかそう9条!11.3おおさか総がかり集会
1万2千人が「NO!安倍政治」「9条改憲STOP!」を訴え

 11月3日(日) 輝け憲法!いかそう9条!11.3おおさか総がかり集会が行われ、1万2千人が参加しました。「NO!安倍政治」「9条改憲STOP!」を掲げ、安倍政権の退陣、改憲阻止、中東への自衛隊派兵反対、辺野古新基地建設反対、日韓関係の改善のため日本の真摯な謝罪と賠償などを要求しました。
 主催者からは「2人の大臣が早くも辞任したが、安倍首相は任命責任と言いながら逃げまくっている。萩生田文科大臣の身の丈発言は教育の格差拡大を容認するもので、民間試験導入を延期せざるを得なくなった。安倍政権は盤石ではない。改憲策動をやめさせ、退陣させていこう」とのあいさつがありました。
 野党共闘・各政党からの連帯のあいさつに続き、韓国市民社会連帯会議事務局長の李承勲(イ・スンフン)さんは、「日本の平和憲法を壊してはならない。安倍糾弾で9回のキャンドルデモを行ってきた。韓国と日本の民衆の力で、GSOMIAの破棄と辺野古新基地建設を中断させていこう」と力強く訴えました。
 沖縄平和運動センター議長の山城博治さんは、「首里城の焼失は、翁長知事の逝去を思い出すようにつらかった。政府は11月12月にも辺野古・大浦湾の海底基盤工事の申請を出そうとしている。私は宮古島に移り住んでミサイル基地建設・離島奪還戦略に突き進むことに反対して闘っている。玉城デニー県政を支えたい。大浦の海に赤土は入れさせない」と決意を語りました。
 朝鮮舞踏を披露した朝鮮高級学校の生徒らは、朝鮮学校を高校・幼保無償化の対象にするよう訴えました。市民団体などからは、森友問題の追及、夢洲カジノ反対、原発避難者の権利、核兵器禁止条約批准などの訴えがありました。
 MIC SUN LIFEの皆さん、おーまきちまきさん、中川五郎さんは歌で盛り上げてくれました。
 私たちリブ・イン・ピース☆9+25も「自衛隊を中東に派兵するな 安倍の改憲を阻止しよう」のチラシを配布しました。 

2018年11月4日
リブ・イン・ピース☆9+25


リブインピースが配布したビラ





おーまきちまきさん

 
       李承勲さん                        山城博治さん

 
朝鮮学校の皆さん